坐漁荘の【白木蓮】

まだまだ肌寒く春の訪れが待ち遠しい今日この頃ですが、坐漁荘の庭園に白木蓮の花が咲き始めました。
白い鳥が枝にたくさん止まっているような花姿は、「気高さ」という花言葉のとおり、とても凛としています。
花びらは太陽の光を受けて南側がふくらむため、花先は必ず北側を指し、「コンパス・フラワー」とも呼ばれています。
きっと長い間、野山を歩く人々の道しるべとされてきたのでしょう。

^EDF5D2902905DF4632F9EBE3A29AA7C8DAE1CD7CF467845A7A^pimgpsh_fullsize_distr

^1CF75DD7846D1A74F34DC5D59983D75A9DF5103D844EEB92A1^pimgpsh_fullsize_distr

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>